現代版組踊絵巻「読谷山花織の宴」|一般社団法人TAOFactory

現代版組踊絵巻「読谷山花織の宴」

いよいよ本番まで2週間をきった

 

    現代版組踊絵巻「読谷山花織の宴」

 

県内から集まった中学2年生~24歳のメンバーが稽古に励んでいます。

 

現代版組踊の舞台の経験者もいれば、初めてな子もいて、

 

踊りが踊れても、それぞれ振付が違ったり、

 

舞台は経験していても、演技に初めて挑戦してみたり、

 

それぞれスタートが違いましたが、みんなで教えあいながら、

3月23日に向かってすすんでいます。

 

   ------------------------

今回は特別に!

物語のあらすじと一緒に、軸となる読谷村ゆかりの偉人

「泰期(たいき)」「吉屋チルー(よしやちるー)」「護佐丸(ごさまる)」「尚巴志(しょうはし」「赤犬子(あかいんこ)」の配役も発表します!!

 

あらすじ

読谷村ゆかりの偉人「泰期」「吉屋チルー」「護佐丸」「尚巴志」にスポットをあて、

4つのショートストーリーで織りなす偉人列伝。

読谷が生んだエンターテイナー「赤犬子」が、ダイナミックに生きた偉人達の歴史を紐解きます。

 

          ●第壱章“海を渡る情熱”~いちへき(勇ましき)泰期~

            中山王察度の弟・泰期は初の進貢使として、「明」を目指す。

            琉球の商売の神様・泰期の物語。

 

          ●第弐章“太陽と月の詩”~吉屋チルー物語~             

            琉球を代表する女流歌人・吉屋チルーの生涯を、

            歌と舞踊で綴る、悲恋の物語。

 

          ●第参章“戦乱の城”~読谷の虎「護佐丸」~

            護佐丸VS阿麻和利。

            「肝高の阿麻和利」でも描けなかった中城落城の悲劇を描く。

 

          ●第四章“陽沈む、魂の眠る森”~鬼鷲 琉球王尚巴志伝~              

            読谷村佐敷の森の秘密・・・

            三山を統一した尚巴志王の御霊はここ読谷村に眠る・・・

 

 

この舞台をひっぱる5人の役者がこのメンバーです!

偉人達の歴史を紐解く「赤犬子」:當山遼

初代進貢使「泰期」:比嘉裕哉

女流歌人「吉屋チルー」:島袋春佳

読谷の虎「護佐丸」:照屋大地

初代琉球国王「尚巴志」:海老原幹也

 

そして、読谷から

座喜味棒保存会の皆さんがゲスト出演してくださいます!

 

------------------------

チケットはお早めにお買い求めください。

※チラシ写真と今回の出演者は異なります。

 

現代版組踊絵巻「読谷山花織の宴」

2013.3.23(土)

[昼公演] 開場12時/開演13時  

[夜の部] 開場17時/開演18時

読谷村文化センター・鳳ホール

大人 2,000円 

小人(高校生まで) 1,500円

当日500円増し

※未就学児膝上無料但し、席を確保する場合は有料。

 

演出:藏當慎也

舞台監督:津嘉山弘(月光道トータルプラン)

音楽監督:仲里朋大(TAO Factory)

ゲスト出演:座喜味棒保存会、愛~カナサ~withスペシャルバンド

主催:Ship of The Ryukyu演出家協議会

舞台製作:TAO Factory

 

協力:株式会社FMよみたん

後援:読谷村、読谷村教育委員会、読谷村商工会、読谷村観光協会、

    読谷村社会福祉協議会、読谷村花織事業協同組合

 

お問い合わせ先

Ship of The Ryukyu演出協議会 TEL:098-951-3535

TAO Factory TEL:098-983-0144 Mail:info@tao-factory.com

 

***チケット販売窓口***

Ship of The Ryukyu演出協議会(那覇市・OTVビル内)

TAO Factory(うるま市・電話予約可)

FMよみたん(読谷村)/リウボウ(那覇市)/コープあぷれ(各店舗・電話注文可。詳しくはこちら)/ファミリーマート(各店)

 

 

沖縄県文化観光戦略推進事業 助成事業