11月連続公演「肝高の阿麻和利」&「百十~MOMOTO」広告協賛について|一般社団法人TAOFactory

11月連続公演「肝高の阿麻和利」&「百十~MOMOTO」広告協賛について

 

 

平素から現代版組踊シリーズの活動にご理解とご協力を賜り心よりお礼申し上げます。

さて、来る1121日(土)・22日(日)・23(月・祝)に、うるま地域の中高生で演じられる

「肝高の阿麻和利」の舞台と、「肝高の阿麻和利」活動15周年を迎えた節目の年に続編として演出・脚本・音楽・振付・衣装の全てを卒業生がてがけ誕生した舞台「百十~MOMOTO」が、うるま市きむたかホールにおいて初となるセット公演を開催することが決定致しました。

肝高の阿麻和利は、今年16年目に突入し公演回数256回延べ動員数15万余を超え県内外、海外へも広く認知される舞台となって参りました。

の舞台へと関わった子ども達も総勢500人余を越え、今や演出・音楽指導、事務局運営なども卒業生が主体となり行っており、今回は、その卒業生と現役の中高生との共演による次世代の若い力が集結した企画となっております。

関係者一同これからの「肝高の阿麻和利」の活動、そして共に歩んでいく新たな舞台「百十~MOMOTO」両舞台の成長へとつなげ、より一層お客様に楽しんで頂ける作品づくり、子ども達の活動を発展させていくことを目指しております。

つきましては、本事業の趣旨をご理解いただき協賛広告にご協力賜りますよう、お願い申し上げ

ます。

 

 

【協賛資料一式】